Boosterコース

本コースへの準備!
短期英語力育成

Boosterの
特徴について

Boosterコースは各本コースを受講する準備プログラムとして設置されています。本コースを学びたいけど、英語力がついていないとお困りの方も多いはず。そこで、そのような方におすすめなのがBoosterコース。

NisaiのBoosterコースは、どのコースからでもスタートできるように必要な英語力と科目の知識を短期間で身に付けていくように設計されています。また本コースを提供しているネイティブ教師が授業を担当するため、必要な科目知識はもちろん英語力なども同時に育成をしていきます。
※E- learning システム「Units of Sound」の併用を推奨しています。

Boosterを受講していただくことで、安心して9月からの本コースに入学していただくことができるようになります。

Boosterの特徴について

提供可能な科目

NS小学生向けコースの受講準備 Booster

コース名 提供科目
Booster for NS1
(NS1の受講準備)
英語、数学 など
Booster for NS2/NS3
(NS2、NS3の準備)
英語、数学、サイエンス など

※その他の科目も提供可能

IGCSE中学生向けコースの受講準備 Booster

コース名 提供科目
Booster for IGCSE
(IGCSEの準備)
英語、数学、サイエンス など

※その他の科目も提供可能

A-Level高校生向けコースの受講準備 Booster

コース名 提供科目
Booster for AS & A-Level
(AS & A-Levelの準備)
英語、数学 など

※その他の科目も提供可能

その他の科目のBooster受講をご希望される場合はご相談ください。

受講準備のイメージ

NS受講までのイメージ

学年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
小学生

Boosterコース(5ヶ月間)
※必要な科目を受講

E-learningシステム「Units of Sound」で英語力と必要な知識を身に付ける。

NSコース スタート(~来年8月まで)

「Units of Sound」は年間使い放題

IGCSE受講までのイメージ

学年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
小学生

Boosterコース(5ヶ月間)
※必要な科目を受講

E-learningシステム「Units of Sound」で英語力と必要な知識を身に付ける。

IGCSEコース スタート(~来年8月まで)

「Units of Sound」は年間使い放題

AS & A-Level受講までのイメージ

学年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
小学生

Boosterコース(5ヶ月間)
※必要な科目を受講

E-learningシステム「Units of Sound」で英語力と必要な知識を身に付ける。

AS & A-Levelコース スタート(~来年8月まで)

「Units of Sound」は年間使い放題

※Boosterの期間は短くしたり、延長したりすることもできます。英語力が身についた時点で本コースへの参加が認められます。

Boosterコースのプログラム・学習内容

どのコースのBoosterも科目の受講に必要な知識を要点的に短期間で学んでいきます。
またAll Englishでトレーニングをしていくため、本コースの授業が受けることができるレベルまで英語力を育成していきます。

グローバル人材に必要な力の育成

科目の学習内容は各コースのページをご覧ください。必要な科目の知識を短期的に要点を絞って学んでいきます。

小学生コースを受講した後との進学経路

Boosterコースで得られる
学力・能力について

Boosterコースではインターナショナルプログラムの科目を学ぶのに必要な知識を要点的に学んでいきます。Boosterコースを受講することで、本コースに入って受講できるだけの英語力と知識の準備を行います。Boosterでは原則、全科目を提供することができますが学習の基本となる英語と数学の受講をおすすめしています。

2022年度 Boosterコースのスケジュール

1科目 週2回×30分で提供しています。
※Half Term(5/30~6/3)の休み期間中は授業がありません。

NSコース 入学者希望者向け

実施期間:English & Math 4月18日~8月5日(4ヶ月プログラム)
実施期間:Science & ICT 5月9日~7月15日(2ヶ月プログラム)

 

NS1 Booster English, Math, Science, ICT 時間割

表示時刻は日本時間で表記 Science & ICT 17:00~17:30 / English & Math 19:00~19:30
月曜日 Booster Science / Booster English
火曜日 Booster ICT / Booster Math
水曜日 「Units of Sound」のパーソナルトレーニング
木曜日 Booster Science / Booster English
金曜日 Booster ICT / Booster Math

※週1回以上の「Units of Sound」のパーソナルトレーニングと組み合わせていただくことで飛躍的に英語力が身についていきます。

NS Booster English学習スケジュール(CEFR A2相当の内容)

Scheme of Work
Week Number Unit Topic Aim of Topic
0 Orientation Orientation Orientation
1 Speaking and Listening Communication SWBAT competently communicate with peers and adults. They will show knowledge of appropriate language, ability to listen to others and confidence when engaging in conversation.
2      
3      
4 Writing Spelling SWBAT distinguish between a range of homophones.
      SWBAT spell some words with ‘silent’ letters.
       
5     SWBAT spell some words that are often misspelt.
      SWBAT use strategies for extending spelling competence, including personal strategies for memorising spellings.
6 Reading Comprehension SWBAT check that texts make sense to them, discussing their understanding and explaining the meaning of words in context, asking questions to improve their understanding of a text; draw inferences from a text, including characters’ feelings, thoughts and motives, predicting what might happen next; identify the main ideas drawn from more than one paragraph, summarising these.
7      
8      
9 Writing Subject -Verb Agreement/Tense SWBAT recognise correct subject-verb agreement, using this within their own writing to allow for consistent tense use.
10      
11   Composition [Non-narrative Texts] SWBAT plan their writing, organising paragraphs around a theme; assess the effectiveness of their own and others’ writing, suggesting improvements, proof-reading for spelling and punctuation errors; read aloud their own writing, using appropriate intonation, and controlling the tone and volume so that the meaning is clear.
12   Composition [Narrative Texts] SWBAT plan their writing, organising paragraphs around a theme; assess the effectiveness of their own and others’ writing, suggesting improvements, proof-reading for spelling and punctuation errors; read aloud their own writing, using appropriate intonation, and controlling the tone and volume so that the meaning is clear.
13   Recap SWBAT recall the topics that have been discussed previously.
14 Assessment Assessment SWBAT use the skills which they have been developing to confidently complete an assessment.

NS Booster Math学習スケジュール

Scheme of Work
Week Number Unit Topic Aim of Topic
1 1.Number Place Value and Multiples SWBAT recognise the place value for both integer and decimal digits (up to thousandths).
    SWBAT use the term multiple and know how to use it.
2 2.Multiplication and Division 1.Factors SWBAT use the term factor and know how to use it, including prime numbers.
3 3.Fractions, Decimals and Percentages 1.Decimals SWBAT place decimals and percentages on a number line, making connections with simple fractions.
4   2.Percentages  
5   3.Sums With Fractions SWBAT add and subtract fractions.
6 4.Measurements 1.Metric Conversions SWBAT make conversions and use this to indicate if an answer is accurate.
7 5.Geometry 1.Perimeter SWBAT calculate the perimeter of 2d shapes.
8   3.Congruency SWBAT identify and describe congruent shapes
9   3.Angles SWBAT identify and estimate acute, obtuse and reflex angles.
10 6.Coordinate geometry 1.Coordinate geometry SWBAT identify and plot given coordinates
11 6.Statistics 1.Graphs and Charts SWBAT interpret information from pictograms and line graphs.
12   2.Averages SWBAT calculate the mean, median, mode and range of a set of data.
13 8.Transformation   SWBAT perform reflection of a given shape
  1.Reflection  
9.Algebra   SWBAT perform algebraic substituiton
  1.Substitution    
14 Revision 1. Revision SWBAT complete revision of tasks as required.
15 Assessment 1. Assessment SWBAT complete an assessment to measure their skills.

NS Booster Science学習スケジュール

Scheme of Work
Week Unit Topic Aim of Topic
1 Biology Cells Compare a plant and an animal cell.
Discuss the function of each component in the cell.
2
3 Respiration Describe the process of respiration.
4
5 Chemistry Acids and alkalis Discuss acids, alkali and neutral substances.
Identify neutralisation reactions.
6
7 Particle model of solids, liquids and gases Explain the transitions between solids, liquids and gases.
Discuss the particle model.
8 Physics Electrical circuits Identify parallel and series circuits.
Describe changes in current and resistance.
9
10 Sound and hearing Define sound waves by looking at frequency and amplitude.

NS Booster ICT学習スケジュール

Scheme of Work
Term Week Unit Topic Aim of Topic
Term 1 (Autumn Term) 1 1. Introduction to ICT 1. Identifying and Using Hardware SWBAT identify and define a range of computer hardware.
2
3
4 2. Storage SWBAT identify and compare storage systems.
5
6 3. Introduction to Word SWBAT demonstrate basic word processing skills.
7
8 4. Introduction to Presentation Software SWBAT demonstrate presentation skills.
9
10

IGCSEコース 入学者希望者向け

実施期間:5月9日~8月5日(3ヶ月プログラム)

IGCSE Booster English 時間割

表示時刻は日本時間で表記 14:50~15:20
月曜日 Booster English ライブレッスン
火曜日 「Units of Sound」のパーソナルトレーニングなど
水曜日 Booster English ライブレッスン
木曜日 「Units of Sound」のパーソナルトレーニングなど
金曜日 「Units of Sound」のパーソナルトレーニングなど

IGCSE Booster English学習スケジュール

Scheme of Work
Week Unit Topic Aim of Topic
1 Introduction Meeting teacher SWBAT familiarise themselves with course requirements and aims.
SWBAT complete a PLA
2 Constructing Sentences Subject Verb Agreement SWBAT identify and correct agreement within sentences
3 Simple, compound and complex sentences SWBAT use a variety of sentence structures to improve their writing
4 Language use Figurative Language SWBAT identify and use similes and metaphors
5 Persuasive Language SWBAT identify techniques of AFORESTRIP and apply them to persuasive writing
6
7 Reading skills Skimming and Scanning SWBAT use skimming and scanning techniques in their reading
8 Reading comprehension SWBAT select relevant information from a written text
9 Writing SAPF SWBAT identify the subject, audience, purpose and form of a text
10 Transactional writing – Letter SWBAT write a letter
11 Text analysis PEEL SWBAT write PEEL paragraphs to analyse reading texts in terms of their effects on the reader
12

A- Levelコース 入学者希望者向け

実施期間:5月9日~8月5日(3ヶ月プログラム)

A- Level Booster English & Math 時間割

表示時刻は日本時間で表記 13:30~14:30
月曜日 Booster English ライブレッスン
火曜日 「Units of Sound」のパーソナルトレーニングなど
水曜日 Booster Math ライブレッスン
木曜日 「Units of Sound」のパーソナルトレーニングなど
金曜日 「Units of Sound」のパーソナルトレーニングなど

※週1回以上の「Units of Sound」のパーソナルトレーニングと組み合わせていただくことで飛躍的に英語力が身についていきます。

本コースの入学には、Boosterを受けた後にコース要件に達している必要があります。Boosterの受講は、入学を約束するものではありません。

PreAS Maths Booster学習スケジュール

Scheme of Work
Week Unit Topic Aim of Topic
1 Number Types of Number
Fraction
SWBAT recall different types of terms involving numbers.
SWBAT demonstrate their ability to multiply, dividing, addition and subtraction of fractions.
2 Algebra Laws of Indices
Multiplying Out Brackets
Factorising
SWBAT recall and demonstrate the usage of Laws of Indices.
SWBAT expand up to one or more brackets.
SWBAT factorise linear and quadratic equations.
3 Surds
Solving Equations
Rearranging formula
SWBAT demonstrate the operations, simplifying and rationalizing surds.
SWBAT solve linear and quadratic equations.
SWBAT rearrange formulae with multiple steps.
4 Quadratic Factorising
Quadratic Formula
SWBAT factorise monic and non-monic quadratic expressions.
SWBAT solve quadratics using the formula.
5 Completing the square SWBAT factorise and solve quadratic equations by completing the square.
6 More Algebra Algebraic Fractions
Inequalities
Graphical Inequalities
SWBAT simplify, multiply, divide, add and subtract algebraic fractions.
SWBAT solve simple linear and quadratic inequalities.
SWBAT sketch linear inequalities and identify desired regions using inequalities.
7 Simultaneous Equations
Functions
SWBAT use elimination and substitution methods to solve simultaneous equations.
SWBAT use and understand function notation in the form f(x).
8 Graphs Straight line
Parallel and Perpendicular
Quadratic Graphs
SWBAT identify the gradient and y-intercept from the equation of a graph.
SWBAT identify parallel and perpendicular graphs equation.
SWBAT describe the properties of quadratic graphs.
9 Graph Transformation SWBAT transform graphs in the form y=f(x+a), y=f(x)+a, y=-f(x), y=f(-x), y=af(x) and y=f(ax).
10 Trigonometry Trigonometry Basics SWBAT calculate missing sides or angles on a right-angled triangles.
11 Cosine and Sine Rules SWBAT calculate missing sides and angles with the sine and cosine rules.
12 Vectors Vectors SWBAT add, subtract, calculate the magnitude of a vector and identify parallel vectors.
13
14 Statistics and Probability (optional) Sampling
Data Basics
Histograms
•Averages
SWBAT recognize different types of sample and know when to use them.
SWBAT define different types of data.
SWBAT interpret histograms.
SWBAT calculate averages and the range.
15 Cumulative Frequency
Probability
Tree Diagrams
SWBAT interpret cumulative frequency graphs.
SWBAT use fractions, decimals and percentages to describe probability of events.
SWBAT draw probability tree diagram and calculate probability using the ‘and’ and ‘or’ rules.
16 Revision PLA SWBAT to complete the PLA for AS-level Mathematics.

PreAS English Booster学習スケジュール

Scheme of Work
Week Unit Topic Aim of Topic
1 Syntax Grammar SWBAT identify and use a variety of syntax in their reading and writing
2
3 Sentence Structure
4 Semantics Lexical fields SWBAT identify lexical fields in their reading and use appropriate vocabulary in their writing
SWBAT identify and use a variety of figurative language in their reading and writing
5
6 Figurative Language
7
8 Pragmatics Tone Students will be recapping elements of tone and register to better fit their audience and purpose
9 Register
10 Writing Formal Articles SWBAT identify key characteristics of formal articles and write a formal article of their own
11
12 Reviews SWBAT identify key characteristics of reviews and write a review of their own
13
14 Descriptive writing SWBAT use figurative language to enhance their descriptive writing
15
16 Recap Recap SWBAT recap topics that have been covered during the course

学費・料金について

Boosterコースは英語、数学、サイエンス、ICTから選択できます。
※他の科目についてはご相談ください。

1科目あたり週2回×30分のライブレッスンとなっています。(課題はありません)

     

月額14,850円(税込)/ 科目

     

4ヶ月プログラム 合計費用 59,400円/科目

     

3ヶ月プログラム 合計費用 44,550円/科目

     

2ヶ月プログラム 合計費用 29,700円/科目

     

Boosterコースのみ受講の方で4ヶ月以上の受講を希望される場合は22,000円(税込)の入会金がかかります。
※本コースへの入学を決めれられている方は本コース 入学時にかかります。

本コースのご紹介

Boosterコースで短期間で英語力を伸ばし、英語以外の科目も英語で学習できる力を伸ばして本コースの授業が理解できる状態を作ります。

メッセージ

Nisai CEO: Dhruv Patel

Nisai CEO: Dhruv Patel

Nisaiグループの代表として20年以上、生徒中心の教育を届けてきました。教育は常に生徒主体であるべきです。そして個々のニーズにあった教育を届けることが教育者としての役目だと認識しています。

私たちは、イギリスの義務教育課程で病気、障害、いじめ、家庭事情で学校に通えなくなってしまった生徒向けの教育提供から始まりました。私たちの教師陣、スタッフは将来生徒たちがしっかりと機会と選択肢を持てるようにすることをモットーに生徒と関わっています。

Nisaiについて

国内のインターナショナルスクールではWASC認定校という言葉をよく聞きます。WASCとはアメリカのカリフォルニア州に本部を構える組織です。幼児から12年生(高校3年相当)までの学校、そして大学までを認証する教育組織のことです。

NisaiのコースはOCR・Cambridgeから認定を受けています。OCRとはOxford(オックスフォード), Cambridge(ケンブリッジ)、the Royal Society of Arts(イギリスの学会)の略です。イギリスの名だたる機関から認定を受けています。また完全オンラインでケンブリッジインターナショナルの教育を提供できる認定を受けたのはNisaiが世界で初めてであり、長年に渡り高品質の教育を提供し続けてきた経験と歴史があります。

Boosterコースは教育実績のある経験豊富なネイティブ教師が担当します。英語に自信がない生徒様やこれから英語力を鍛えていきたい生徒様の現在の英語能力に合わせて、担当の教員が効率よく4技能を育成しいきます。また、長年の経験から各科目に必要な知識を短期間で身に付けられるように授業を行い、Nisaiのインターナショナルプログラムを受講できるまで能力を育成していきます。

Nisaiでの学習を進めれば進めるほど早いうちから「グローバルな使える英語」の力が身についていきます。また入学する子どもたちはそれぞれの学習力に合わせて最適なクラスへ配置され、海外の学生と共に学ぶ学習環境の中で国際的な感覚や能力を育んでいきグローバル人材として育っていきます。もちろん、英検・IELTS・ケンブリッジ英検などの検定資格試験でも大きな力を発揮することは間違いありません。自身の強みを活かした高校受験対策にもつながっていきます。

何かと忙しい学校生活。またインターナショナルの教育を受けたくても英語力が育っていないとお困りの方も多いでしょう。私たちはその困り感を解決できるようにプログラムをそろえています。充実したプログラムとサポートで「どこでも・気軽に」インターナショナルの教育を受けることができるのも完全オンラインで提供しているNisaiだからこその強みといえます。Boosterの受講を通して、英語力を身に付けインターナショナル教育への扉を開いていってください。私たちNisaiは全力でサポートいたします。