海外大学進学コース

日本から世界中の海外大学進学を実現するパスポート
A-LevelルートとIELTSルートからのファウンデーションコースの2つのコース

海外大学進学に必要な
資格・英語力について

海外大学に進学していくためには最低でも英語力がIELTS6.0、英検 準1級以上が必要とされています。しかも試験対策の英語力ではなく、グローバルレベルの4技能がしっかりと身についていることが求められます。

ケンブリッジA- Levelやバカロレア(IB)の資格を持っていない場合、日本の高校を卒業しても海外大学へ直接進学をすることはできません。現地の語学学校に通い英語力をつけて、各大学期間に設置された準備コースであるファウンデーションコースに出願して入学することになります。費用や時間も莫大にかかってしまうため、世界の学生はA- Levelやバカロレアの資格を取ることが一般的です。この資格を持っていると世界の大学(アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダなど)に入学申請を行うことができます。

ケンブリッジAレベルの国際資格取得を目指すコースはこちら

海外大学進学コースの
特徴について

Nisaiではどの学年からでもスタートできるように充実したプログラムがそろっています。また経験豊かなネイティブ教師が授業を担当するため、必然的に海外大学進学に必要な英語力はもちろん、エッセイの書き方やグローバル人材に必要な能力も同時に育成をしていきます。海外式の教育を受講していくため自立した学びも身についていきます。

Nisaiのコースを受講する生徒は大きなメリットを享受することができます。かかる費用が安いことはもちろんのこと、国内の高等学校に通いながらにしてインターナショナルの教育を受けることができるので国内の受験においても英語が強い武器となっていきます、またチューターによる進路相談や情報の取得、また授業外ではオンラインのクラブ活動を通して海外の学生と友だちになったり同じNisaiの卒業生として卒業後も交流を深めたりと将来の選択肢を海外の友と共にと広げていくことができます。

海外大学進学コースの特徴について

海外大学進学に向けた
プログラム・学習内容

  • 科目単位で理解を深めるだけでなく、各科目を統合して学際的に理解することも重要
  • より高次元の思考力を身に付けるプログラム構成
グローバル人材に必要な力の育成

小学生から海外大学進学を目指す場合

NSコースの受講をおすすめしています。NSでは4つの教科を通して問題解決力・クリティカルシンキング・自立的研究・コラボレーション・議論・プレゼンテーション力をNS1~NS3まで段階的に育成をしていきます。ここで培った力は海外大学だけでなく、国内大学や就職の際も大きな力を発揮してくれるものとなることは間違いありません。

中学生から海外大学進学を目指す場合

中学生から海外大学を目指す場合はIGCSEコースを受講することをおすすめしています。NSコースに比べてかなり専門的に学んでいきます。グローバル人材に必要な力を育成していくことに加えて

  • 批判的思考
  • 探究型学習
  • 問題解決

を重要な学習成果としてつけていきます。IGCSEの資格も国際的に人気のある資格で、大学によっては出願材料としてプラスで評価をしてくれるところもあります。

高校生から海外大学進学を目指す場合

       

高校1年生または2年生にはAS & A-Levelの受講をおすすめしています。A-Levelの資格を取得することは海外進学だけでなく留学の際も大きな武器となり、英語力も必然的にIELTS6.0、英検準1級以上となっていきます。高校3年生(または2年生)の場合はBoosterコースを受講して短期集中で英語力を伸ばしファウンデーションコース進んでいくプログラムがおすすめです。国内受験でも鍛えた英語力が役に立っていきます。

海外大学進学に向けた
学習スケジュール

高校1年で受講をスタートすると日本の大学受験にも活用できます。
高校2年生からでも卒業年の海外大学進学が可能になります。

海外大学進学に向けた学習スケジュール

※大学によって出願期間が異なったり、条件付き合格があったりするので各大学の情報は事前に調査しておきましょう。

A Level学習時間(1科目)例

例:ケンブリッジAレベル資格コース(高等学校)

  時間 MON TUE WED THU FRI
1 8:45 〜 9:45 授業 授業 授業 授業 授業
2 9:55 〜 10:55 授業 授業 授業 授業 授業
3 11:05 〜 12:05 授業 授業 授業 授業 授業
4 13:05 〜 14:05 授業 授業 授業 授業 授業
5 14:15 〜 15:15 授業 授業 授業 授業 授業
6 15:25 〜 16:25   授業   授業 授業
放課後 17:00 〜 18:00 NVA(ライブレッスン)   NVA(ライブレッスン)   NVA(ライブレッスン)
     

※詳しくはA-Level (Aレベル)高校生向けコースをご覧ください。

海外大学進学に必要な資格・学力レベルを学習できる

AS & A-Levelについては高校生コースをご覧ください。

ケンブリッジIELTS Booster プログラム

海外大学進学までの2つのルート

本プログラムでは、ライブレッスンと自主学習E-learningプログラムであるUnits of Soundのブレンドされた学習機会を提供します。

このプログラムは、4技能であるリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの向上に焦点を当てています。学習内容は、生徒にとって身近なトピックを中心に取り上げ、公共、個人、教育、および職業などを通して学びます。本プログラムは、学習者の英語のレベルの向上を達成できるように設計されています。 本IELTSプログラムは、NOCNのESOLインターナショナルコースやCEFRレベルに相当するものを提供します。 (※CEFR(Common European Framework of Reference for Languages)これらは、A1レベルからC2レベルまでNisaiで学習ができます。

CEFR(Common European Framework of Reference for Languages

Units of Soundは、学習者が好きな時間に学べる自主学習プログラムです。英語言語習得をサポートするオンラインツールです。聴く、書く、読むなど多感覚を活用し、英語を学ぶことができ、各生徒ごとの英語のレベルに合わせて自動でプログラムがカスタマイズされる仕組みとなっております。自主学習プログラムのため、学習者はライブレッスンを中心に合わせて好きな時間にリスニング、語彙力を鍛えることが可能です。

プログラム開始時には小テストがあり、それが完了するとUnits of Soundは学習者をそれぞれ英語力に合わせた適切なレベルに自動的に配置し、トレーニングを提供していきます。これにより学習者は英語の自信をつけることができます。
リーディング、ディクテーション、メモリー、スペリングに重点を置いたUnits of Soundは、子どもから大人までの英語学習の旅をサポートするために使用されてきました。プログラムの一部として、学習者はUnits of Soundに12か月間アクセスができ、IELTSライブレッスン期間が終了した後も、自主学習で活用していただくことが可能です。

Units of Sound

コース構造

  • このプログラムは、週に2時間のライブレッスンで構成されています。1時間のセッションが週に2回行われます。
  • Units of Soundの自主学習E-learningプログラムは、少なくとも毎週3回、各25分間学習することを推奨しています。

海外大学進学までの流れ
(3ヶ月間)

①か②のパターンをお選びいただけます。その他の曜日でもご相談ください。

IELTS Booster ※サマータイム(〜2020年 10/25)

表示時刻は日本時間で表記 19:30 〜 20:30 21:00 〜 22:00
月曜日   IELTS②
火曜日 IELTS①  
水曜日   IELTS②
木曜日 IELTS①  
金曜日    

IELTS Booster ※サマータイム終了(2020年 10/26 〜 2021年 3/28)

表示時刻は日本時間で表記 20:30 〜 21:30 22:00 〜 23:00
月曜日   IELTS②
火曜日 IELTS①  
水曜日   IELTS②
木曜日 IELTS①  
金曜日    

学費・料金について

  • ケンブリッジIELTS Booster プログラム
    ライブレッスン週 2回×60分(3ヶ月間) & Units of sound(1年間)

Units of Soundの1年間のライセンスとライブレッスン12週間(3ヶ月間)

     

3ヶ月間の費用77,550円(税込)

     

月額25,850円(税込)

本コースへの入学準備!
授業についていける英語力を
短期間で身につける

短期英語力育成 Boosterコース

お客様の声

ケンブリッジIELTS Booster プログラムを受講されているお客様の声をご紹介します。

メッセージ

Nisai CEO: Dhruv Patel

Nisai CEO: Dhruv Patel

Nisaiグループの代表として20年以上、生徒中心の教育を届けてきました。教育は常に生徒主体であるべきです。そして個々のニーズにあった教育を届けることが教育者としての役目だと認識しています。

私たちは、イギリスの義務教育課程で病気、障害、いじめ、家庭事情で学校に通えなくなってしまった生徒向けの教育提供から始まりました。私たちの教師陣、スタッフは将来生徒たちがしっかりと機会と選択肢を持てるようにすることをモットーに生徒と関わっています。

Nisaiについて

国内のインターナショナルスクールではWASC認定校という言葉をよく聞きます。WASCとはアメリカのカリフォルニア州に本部を構える組織です。幼児から12年生(高校3年相当)までの学校、そして大学までを認証する教育組織のことです。

NisaiのコースはOCR・Cambridgeから認定を受けています。OCRとはOxford(オックスフォード), Cambridge(ケンブリッジ)、the Royal Society of Arts(イギリスの学会)の略です。イギリスの名だたる機関から認定を受けています。また完全オンラインでケンブリッジインターナショナルの教育を提供できる認定を受けたのはNisaiが世界で初めてであり、長年に渡り高品質の教育を提供し続けてきた経験と歴史があります。

IGCSEコースは学校現場での教育実績のある経験豊富なネイティブ教師が担当します。
現段階で英語に自信がない生徒様でも現在の英語能力に合わせて、担当の教員が効率よく4技能を育成しいきます。
Nisaiでの学習を進めれば進めるほど早いうちから「グローバルな使える英語」の力が身についていきます。また入学する子どもたちはそれぞれの学習力に合わせて最適なクラスへ配置され、海外の学生と共に学ぶ学習環境の中で国際的な感覚や能力を育んでいきグローバル人材として育っていきます。もちろん、英検・IELTS・ケンブリッジ英検などの検定資格試験でも大きな力を発揮することは間違いありません。自身の強みを活かした高校受験対策にもつながっていきます。

「始めるのに遅い」ということはありません。自身の夢の実現のためにはあきらめないということが特に大切です。また「できない理由よりもできる理由を見つけていく」そのような思考を身に付けていくことも今後、自身の力となっていきます。本気で海外大学を目指しご自身の夢を叶えていくとの決意と執念があれば必ず道は開けます。私たちNisaiはあなたの「叶えたい未来」を全力でサポートいたします。

お知らせ

体験授業について

Nisaiでは納得してご入学いただくために体験授業を実施しております。
流れとしては

  • オンライン事前の説明会(保護さま・生徒さま)
  • 体験授業実施
  • オンラインフォローアップ説明会(保護者さま・生徒さま)
  • 申し込み

となっております。

FAQ

海外大学進学に必要な英語力はどれぐらいですか。

海外大学進学に必要な英語力はIELTS6.0以上と言われています。英検で言うと準1級以上です。しかも試験対策を行って取るのではなく、「使える英語」としての準1級レベルです。海外大学に進学した際はAllEnglishで授業が行われるため必須なものとなっています。

海外大学進学に必要な資格・英語力についてはこちら

ファウンデーションコースとはどういうものですか。

ファウンデーションコースとは海外大学入学に必要な準備を行うコースのことです。学習内容としては大学1回生の基礎教養科目と同等の学びを行います。また批判的思考やディスカッション力などグローバル人材に求めれらる力をおよそ1年かけて鍛え抜かれます。そうしてようやく学部進学が認められることとなっています。これは世界の教育制度と日本の教育制度の違いから日本の高校を卒業しただけではファウンデーションコースに入らなければならないことになっています。A-Levelプログラムを受講する生徒はこのファウンデーションコースと同等の学習を2年かけて行うため直接進学が認められます。

ファウンデーションコースはこちら

Nisaiの海外大学進学コースではどのような学習をおこないますか。

Nisaiの海外大学進学コースでは高校生コースのA-Levelとは異なり、ファウンデーションコースの向けての学習を行います。IELTS6.0以上(英検準1級以上)の力が身につくようにプログラムを設計しています。A-Levelを受講しない高校2年生や3年生の方におすすめです。E-learningシステムの「Units of Sound」を併用することで大きな効果を得ることができます。

Units of Soundについてはこちら

海外大学のファウンデーションコースに進学した場合、学費はどれぐらいかかりますか。

ファンデーションコースの学費は大学によって異なりますが、1年間のスタンダードコースで200~250万円ほどです。

ファウンデーションコースが必要な人はどんな人ですか。

日本の普通高校を卒業した人は大学に入る前にファンデーションコースに行かなければなりません。日本と海外では高校の教育制度が違います。海外では「レポートやエッセイの構成」「プレゼンテーションの仕方」「アカデミック英語(単語・表現・文法)」などいわゆる大学の一般教養を高校で学ぶため卒業後すぐに大学に進学する準備が出来ています。しかし日本の普通高校にはこのような授業が無いため、卒業後まずはファウンデーションコースでこれを学んで大学への進学に備える必要があります。

本コース入学準備!短期英語力育成Boosterコース