A-Level 高校生向けコース

Cambridge International AS & A Levelsは大学、就職への成功のパスポート
世界中の大学や企業に高く評価されている国際資格を取得してグローバルな人材へ

A-Level 高校生コースの特徴について

Nisaiはケンブリッジ大学国際教育機構(Cambridge International)から認められた完全オンラインのインターナショナルスクールです。Nisaiの提供するケンブリッジプログラムは、グローバル人材に必要な力である

  • 問題解決力
  • クリティカルシンキング
  • 自立的研究
  • コラボレーション
  • 議論
  • プレゼンテーション力

を各科目を通しながら養い育成していくように学習が設計されています。

またその中でもCambridge International AS & A Levels (Aレベル)は教育、大学、就職への成功のパスポートとして認識されています。Cambridge International Advanced Subsidiary Levels(AS Levels) と Cambridge International Advanced Levels(A Levels) は高等学校の2年間で受験する科目別の資格試験です。

高校生コースの特徴について

A-Level(Aレベル)プログラムは大学教育を受ける前の16 ~19 歳(高校生)を対象とした2年間のプログラムコースとなっており、AS Level プログラムの修了には前半の1年間、A- Levelプラグラムの修了 にはASプログラムをあわせた計2 年間の受講が必要となります。評価や国際資格試験は各プログラムの年度末に行われます。

A-Level(Aレベル)プログラムは下記の能力を育成することを目的としています。

  • 専門的で奥深い科目の知識と理解
  • 個人で自立した学習をすることを学ぶ
  • 新しい状況や日常において学んだ知識と理解を適用する
  • 多様な情報源の取り扱いと評価
  • 論理的思考と理にかない、首尾一貫した議論と説明
  • 英語での学習と会話

シラバスは世界観を持ちつつも、生活レベルの関連性を保持しています。それらは様々な校風に合った、文化的先入観を避けたコンテンツで、外国人学生たちを考慮して特別に構成されています。シラバスや試験問題に使用されている文脈や用例は、国際的状況を思慮して作成されています。
選択できる科目は

  • 英語
  • 英文学
  • 数学
  • 心理学
  • 経済学

の5教科です。
授業の開始時間も夕方からとなっておりますので、日本国内の学校に通いながらにしてインターナショナルスクールに入学した時と同等の海外の教育を受けることができるのもNisaiの強みです。またNisaiの生徒さまにはそれぞれに皆様を支援するチューターや進路サポートがつきます。生徒さまの夢の実現のため教師陣・スタッフ一同全力でサポートさせていただきます。(学校機関にNisaiのプログラムを導入される際は日中の提供も可能です。)

※現在、国内の学生や帰国子女の方など公立や私立学校に籍を置いたままホームスクールという形でNisaiに通われている生徒様や国内の受験対策に向けて英語力をつけていきたいという生徒様も増えています。

英語力に自信のない方もご安心ください。短期間で英語力を育成するboosterコースからスタートしてAS & A-Levelを受講していただくことが可能です。将来の海外大学進学に向けて、Nisaiに入学・編入される生徒様もおられます。

A-Level(Aレベル) 高校生コースの
プログラム・学習内容

ケンブリッジプログラムの流れ

ケンブリッジプログラムの流れの図

A-Level 受講後の進学経路

AS & A-Level 受講後の進学経路

A-Level(Aレベル)高校生コースで得られる
学力・能力について

AS & A-level 1年目 AS Level カリキュラム(対象:16歳~17歳 高校1年生~2年生)
AS & A-level 2年目 A- Level カリキュラム(対象:17歳~18歳 高校2年生~3年生)

国内大学進学を希望する生徒には

希望する大学進学に、強い武器となる英語力を2年かけて養成します。国内大学進学では英語力をつけてケンブリッジ英検や英検などの上級資格を取り、強い武器として活用していただくことができます。

海外大学進学を希望する生徒には

希望する大学進学に必要な学力を英語、英文学、数学、経済学、心理学から選択し、2年かけて養成してきます。
世界中の大学や企業に高く評価されているケンブリッジインターナショナルの国際資格は、グローバルなステージで成功するためのパスポートです。ケンブリッジインターナショナルのデータベースでも世界中の大学におけるケンブリッジインターナショナル資格の受入状況の詳細を知ることができます。

参考情報元:「ケンブリッジインタナショナルデータベース」

AS & A-level 1年目 AS Level English(対象:16歳~17歳 高校1年生~2年生)

AS Level English

ユニット1 はじめに
時数 21時間
目的 語彙と意味論、構造パターン、実用語、談話
ユニット2 構成要素①
時数 24時間
目的 語彙と文法の特徴・分析・生成・影響の探求
ユニット3 構成要素②
時数 18時間
目的 原文に対する考えや態度・探求・批判的調査・文章作成
ユニット4 構成要素③
時数 33時間
目的 教材の比較と対照・探求・言語機能の概要
ユニット5 A-Lebelの準備
時数 21時間
目的 文脈要因の影響を考慮・要約・A-Lebelの概要

AS & A-level 2年目 A-Level English(対象:17歳~18歳 高校2年生~3年生)

A-Level English

ユニット1 子どもの言語習得
時数 24時間
目的 音韻の発達、語彙、文法、実用、理論、分析など議論
ユニット2 言語変化
時数 15時間
目的 英語の歴史、標準化、母音シフト、データ分析など理解と説明
ユニット3 コースワーク
時数 24時間
目的 研究、調査、ポスターの作成及び提示、議論
ユニット4 メディア言語
時数 18時間
目的 言語とパワー、ジェンダー、技術の説明及び議論
ユニット5 模擬試験及び復習
時数 15時間
目的 復習と試験対策

AS & A-level 1年目 AS Level English Literature(対象:16歳~17歳 高校1年生~2年生)

AS Level English Literature

ユニット1 AS Levelの進捗
時数 12時間
目的 今までの学習の獲得評価・必要なスキルの獲得
ユニット2 シェイクスピア
時数 21時間
目的 言語の使用と劇的効果を探求・分析・解釈方法の探求
ユニット3
時数 18時間
目的 文学的なつながり、比較と探求・価値観の特定
ユニット4 散文
時数 18時間
目的 文学的なつながり、比較と探求・価値観の特定
ユニット5 ドラマ
時数 18時間
目的 劇的な効果の使用を探求、分析・解釈の方法を探求
ユニット6 試験準備
時数 3時間
目的 総復習と補習
ユニット7 AS試験
時数 6時間
目的 試験を受ける
ユニット8 文献
時数 21時間
目的 比較エッセイ・教材の探求

AS & A-level 2年目 A-Level English Literature(対象:17歳~18歳 高校2年生~3年生)

A-Level English Literature

ユニット1 1900年代 エッセイ
時数 18時間
目的 関連する概念と用語を使用、分析、影響の理解、調査
ユニット2 クリエイティブな書き込み
時数 12時間
目的 解釈の探求、表現の特定、知識理解と判断を正確に伝える
ユニット3 ドラマ
時数 18時間
目的 言語、形、構造を使用して方法を分析、反応の生成、解釈の考察
ユニット4
時数 9時間
目的 創造的な反応を明確化、文脈影響の重要性を特定、実証
ユニット5 模擬試験
時数 3時間
目的 指定の条件下で模擬試験
ユニット6 文脈の研究
時数 21時間
目的 様々な文章を比較、影響、概念の活用
ユニット7 模擬試験
時数 15時間
目的 指定の条件下で模擬試験

AS & A-level 1年目 AS Level Maths(対象:16歳~17歳 高校1年生~2年生)

AS Level Maths

ユニット1 代数と証明
時数 24時間
目的 式の分解・合理化・証明・問題解決
ユニット2 座標ジオメトリ
時数 21時間
目的 方程式・三角関数・サインとコサイン・問題解決
ユニット3 微積分、成長、減衰
時数 18時間
目的 多項式の分解・適用・減衰モデルの改良・統合
ユニット4 データ処理、提示、解釈
時数 18時間
目的 サンプリング手法の選択と評価・解釈・仮説検定
ユニット5 力学
時数 21時間
目的 運動学の問題解決・測定・運動方程式の策定

AS & A-level 2年目 A-Level Maths(対象:17歳~18歳 高校2年生~3年生)

A-Level Maths

ユニット1 関数
時数 24時間
目的 証明、定義理解、使用、方程式からグラフ化
ユニット2 三角法
時数 21時間
目的 sin・cos、相互関数、証明などの使用
ユニット3 数値的方法と運動学
時数 18時間
目的 ベクトル、数値的手法などの理解と使用
ユニット4 統計
時数 18時間
目的 確率、分布、仮説、相関などの理解、識別、使用
ユニット5 試験対策
時数 15時間
目的 論文対策

AS & A-level 1年目 AS Level Psychology(対象:16歳~17歳 高校1年生~2年生)

AS Level Psychology

ユニット1 心理学的アプローチと研究方法
時数 39時間
目的 主題の紹介・目的を概説・説明と評価・レポート作成
ユニット2 社会的アプローチ
時数 30時間
目的 研究の説明と評価・適用・議論
ユニット3 精神力学的アプローチ
時数 12時間
目的 視点を説明し評価・適用・模擬試験
ユニット4 メンタルヘルスの問題
時数 36時間
目的 精神疾患の原因などを説明・特定・評価

AS & A-level 2年目 A-Level Psychology(対象:17歳~18歳 高校2年生~3年生)

A-Level Psychology

ユニット1 メンタルヘルスの問題
時数 15時間
目的 精神疾患の理解と説明、評価、研究の説明
ユニット2 児童心理学
時数 30時間
目的 インテリジェンスの評価、説明、適用、方法論の評価
ユニット3 犯罪心理学
時数 18時間
目的 犯罪行為の背景、法医学的証拠、収集、説明、適用
ユニット4 心理学的スキル
時数 48時間
目的 方法論と課題、統計と数学、演習、試験対策

AS & A-level 1年目 AS Level Economics(対象:16歳~17歳 高校1年生~2年生)

AS Level Economics

ユニット1 導入及び基本的な経済思想と資源配分
時数 27時間
目的 根本的な経済問題、サービス、役割などの検討、識別、議論
ユニット2 価格システムとミクロ経済学
時数 24時間
目的 需要と供給、PED公式、PES公式、均衡など理解、検討
ユニット3 政府のミクロ経済介入
時数 21時間
目的 最低価格の意味と効果、税金、助成金、国有化と民営化の理解、検討
ユニット4 マクロ経済
時数 30時間
目的 生産量や雇用の決定、インフレやデフレ、為替、交易の理解、検討
ユニット5 政府のマクロ経済介入
時数 9時間
目的 財政、金融、政策、国際収支などの評価、検討
ユニット6 復習と試験対策
時数 15時間
目的 トピックの復習と試験対策

AS & A-level 2年目 A-Level Economics(対象:17歳~18歳 高校2年生~3年生)

A-Level Economics

ユニット1 導入及び基本的な経済思想と資源配分
時数 24時間
目的 リソース割り当て、市場、費用と利益
ユニット2 価格システムとミクロ経済学
時数 27時間
目的 限界効用、予算、収益とコスト、市場構造
ユニット3 政府のミクロ経済介入
時数 24時間
目的 富の再配分、労働力、賃金の決定、ミクロ経済
ユニット4 マクロ経済
時数 27時間
目的 経済成長、持続可能性、貿易政策、援助
ユニット5 政府のマクロ経済介入
時数 9時間
目的 マクロ政策、有効性、経済目標
ユニット6 復習と試験対策
時数 15時間
目的 トピックの復習と試験対策

高校生コースのスケジュール

AS & A-level ※サマータイム(〜2020年 10/25)

表示時刻は日本時間で表記 16:30 〜 17:30 17:40 〜 18:40 19:00 〜 20:00 20:50 〜 21:50
月曜日 Economics Psychology Maths English
火曜日        
水曜日 Economics Psychology Maths English
木曜日        
金曜日 Economics Psychology Maths English

AS & A-level ※サマータイム終了(2020年 10/26 〜 2021年 3/28)

表示時刻は日本時間で表記 17:30 〜 18:30 18:40 〜 19:40 20:00 〜 21:00 21:50 〜 22:50
月曜日 Economics Psychology Maths English
火曜日        
水曜日 Economics Psychology Maths English
木曜日        
金曜日 Economics Psychology Maths English

年間スケジュール AS Level(前半1年目)

年間スケジュールの図

AS & A-Levelコースの申込期限

10月中旬まで

※海外大学進学には最低3科目と2年間の受講が必要となります。

各教科ごとの活動

  • 週3回のライブレッスン(1レッスン 60分)
  • 1週間に1つの課題(60分程度)
  • 週に3〜4回の自主学習(25分程度/回)

※課題や自主学習時間は目安です。個人差があります。

年間スケジュール A-Level(後半2年目)

年間スケジュールの図

AS & A-Levelコースの申込期限

10月中旬まで

※海外大学進学には最低3科目と2年間の受講が必要となります。

各教科ごとの活動

  • 週3回のライブレッスン(1レッスン 60分)
  • 1週間に1つの課題(60分程度)
  • 週に3〜4回の自主学習(25分程度/回)

※課題や自主学習時間は目安です。個人差があります。

学費・料金について

  • AS & A-level 1年目 AS Level カリキュラム(対象:16歳~17歳 高校1年生~2年生)
  • AS & A-level 2年目 A- Level カリキュラム(対象:17歳~18歳 高校2年生~3年生)

※登録期限は10/20までとなっております。

教科は英語英文学・数学・心理学・経済学の5科目から選択ができます。
※海外大学に進学する場合は最低3科目の取得と2年間の受講が必要です。
1科目あたり 週に3回×60分のライブレッスン+課題(1時間/週)+自主勉強(25分/日)

     

月額23,100円(税込)/ 科目

     

この他に入会時に22,000円(税込)の入会金がかかります。(初回のみ)

Units of Soundについて Units of Sound

Nisaiでは各コースの受講と共にE-learningシステム「Units of Sound」でのトレーニングを推奨しています。
年間使い放題 19,800円(税込)

詳しい説明はこちら

Units of Soundは、学習者が好きな時間に学べる自主学習プログラムです。英語言語習得をサポートするオンラインツールです。聴く、書く、読むなど多感覚を活用し、英語を学ぶことができ、各生徒ごとの英語のレベルに合わせて自動でプログラムがカスタマイズされる仕組みとなっております。自主学習プログラムのため、学習者はライブレッスンを中心に合わせて好きな時間にリスニング、語彙力を鍛えることが可能です。

プログラム開始時には小テストがあり、それが完了するとUnits of Soundは学習者をそれぞれ英語力に合わせた適切なレベルに自動的に配置し、トレーニングを提供していきます。これにより学習者は英語の自信をつけることができます。

リーディング、ディクテーション、メモリー、スペリングに重点を置いたUnits of Soundは、子どもから大人までの英語学習の旅をサポートするために使用されてきました。学習者はUnits of Soundに12か月間アクセスができ、本コースを受ける前の準備ツールとしてはもちろんのこと、ライブレッスン開始後も自主学習で活用していただくとさらに効果的です。Units of Soundの自主学習E-learningプログラムは、少なくとも毎週3回、各25分間学習することを推奨しています。

費用の比較

  国際バカロレア認定校 ケンブリッジ認定校 Nisai (3教科取得)
年間授業料 200万〜300万円 150万〜250万円 約85万円
2年間合計 400万〜600万円 300万〜500万円 約170万円

費用はバカロレア認定校の方が割高といえます。またIBの資格取得率も全体で8割程度となっています。
一方、国内のインターナショナルスクールで提供されているケンブリッジプログラム認定校の費用はバカロレアに比べて低いものの、それでも家計には大きな負担になっているのが現状です。
NisaiはA-Levelコースは3教科を受講でも、年間の授業料は約85万円と既存のインターナショナルスクールのおよそ半分の価格で受講することができます。また夕方から授業が開始となりますので国内の学校に通いながら塾感覚で通うことができます。

本コースへの入学準備!
授業についていける英語力を
短期間で身につける

短期英語力育成 Boosterコース

メッセージ

Nisai CEO: Dhruv Patel

Nisai CEO: Dhruv Patel

Nisaiグループの代表として20年以上、生徒中心の教育を届けてきました。教育は常に生徒主体であるべきです。そして個々のニーズにあった教育を届けることが教育者としての役目だと認識しています。

私たちは、イギリスの義務教育課程で病気、障害、いじめ、家庭事情で学校に通えなくなってしまった生徒向けの教育提供から始まりました。私たちの教師陣、スタッフは将来生徒たちがしっかりと機会と選択肢を持てるようにすることをモットーに生徒と関わっています。

Nisaiについて

国内のインターナショナルスクールではWASC認定校という言葉をよく聞きます。WASCとはアメリカのカリフォルニア州に本部を構える組織です。幼児から12年生(高校3年相当)までの学校、そして大学までを認証する教育組織のことです。

NisaiのコースはOCR・Cambridgeから認定を受けています。OCRとはOxford(オックスフォード), Cambridge(ケンブリッジ)、the Royal Society of Arts(イギリスの学会)の略です。イギリスの名だたる機関から認定を受けています。また完全オンラインでケンブリッジインターナショナルの教育を提供できる認定を受けたのはNisaiが世界で初めてであり、長年に渡り高品質の教育を提供し続けてきた経験と歴史があります。

どのコースも経験豊富なネイティブの先生が担当します。現段階で英語に自信がない生徒様でも現在の英語能力に合わせて、担当の教員が効率よく4技能を育成しいきます。

Nisaiでの学習を進めれば進めるほど早いうちから「グローバルな使える英語」の力が身についていきます。また入学する子どもたちはそれぞれの学習力に合わせて最適なクラスへ配置され、海外の学生と共に学ぶ学習環境の中で国際的な感覚や能力を育んでいきグローバル人材として育っていきます。もちろん、英検などの検定資格でも大きな力を発揮することは間違いありません。国内の学校に通いながらにして、塾感覚でインターナショナルの教育を受けることができるのも完全オンラインで提供しているNisaiだからこその強みといえます。

日本の高校生は高等校を卒業しても海外の学生のように、海外大学への直接進学をすることができないのが現状です。海外大学に行くためには英語力を上げて(少なくともIELTS6.0以上)から各大学に設置された大学準備コースといわれるファウンデーションコースに通います。その過程を終えてから大学に進むというのが現在の主流です。これは他の国の学生よりも時間と費用がかかってしまいます。

しかし、ケンブリッジインターナショナルのA-Levelを受講し国際資格を取ることにより、このファウンデーションコースを修了したのと同等の学力が証明され、海外大学に直接進学することが可能になります。もちろんNisaiのプログラム修了時にはIELTS6.0を超える英語力も身についています。
みなさんの選択肢は広く、海外にもあることを知ってください。そして「自分のやりたいこと・夢」を実現する力をこのNisaiまた大学で身に付けてください。

私たちが自身をもって提供するケンブリッジプログラムを受講し,力をつけ、将来の選択肢を増やしていっていただければと思います。

お知らせ

体験授業について

Nisaiでは納得してご入学いただくために体験授業を実施しております。
流れとしては

  • オンライン事前の説明会(保護さま・生徒さま)
  • 体験授業実施
  • オンラインフォローアップ説明会(保護者さま・生徒さま)
  • 申し込み

となっております。

幼児・小学校低学年から学べるコースについて

現在、幼児(幼稚園生、保育園生)、小学校低学年を対象にした英語教育のプログラムを構築しています。またご案内させていただきます。

ケンブリッジプログラムについて

みなさんは、ケンブリッジプログラムについてご存知でしょうか。
日本国内ではあまり耳にされたことがないかもしれません。ここで少しケンブリッジプログラムについてご紹介いたします。

世界には2大国際教育プログラムといわれるものがあります。それが最近国内でも有名な国際バカロレア(IB)とケンブリッジ(A-Level)です。世界の学校を見てみると、全体的にケンブリッジの学校の数は、IB の学校の数を上回っています。ただし、国に基づいて調べた場合、ケンブリッジプログラムを採用している学校の分布はかなり不均一です。

英国を起源とするケンブリッジは、IB と比較して英国ではるかに広く使用されていることは不思議なことではありません。一方、米国の場合、その差は小さいものの、逆になっています。

アジアにおいては国によって状況は異なります。日本や香港にはケンブリッジの学校よりも IB の学校が多くありますが、中国、タイ、マレーシア、インドでは、ケンブリッジの学校数が上回っています。

バカロレア(IB)はより広い範囲を学ぶため、生徒はあらゆる領域の知識に触れることができる一方で、その量の多さに大変苦労するのも事実です。ケンブリッジプログラムは3-4科目を選択し専門的に深い知識を時間をかけて身に付けていきます。生徒にとってはケンブリッジのプログラムはIBと比べて柔軟性が高いと言えます。必修科目がないため、理系の生徒は理系科目に集中し、文系の生徒は同様に文系科目に集中できます。

大学進学について

インターナショナルスクールからの大学進学は、以下の2種類に大別されます。

  • 日本の大学に進む場合
  • 海外の大学に進む場合

殆どのインターナショナルスクールは、日本の学校教育法の第1条に掲げられている教育施設(日本の幼稚園・小学校・中学校・高等学校など)には該当しません。従って、文部科学省の認定がない代わりに、生徒は高校卒業資格として、学校として日本及び世界中の教育機関から入学を認められるために、国際認証を得ることが必要になります。

日本の大学への進学

インターナショナルスクール生が大学を受験する際、一般的にはほとんどの学生が9月入試枠を目指して受験します。しかし、日本の大学では多くのコースが4月始まりなので、中には4月入試枠で受験する学生もいます。

文部科学省はケンブリッジインターナショナルのAレベル保有の学生も大学入学資格を有するとしています。文部科学省のQ&A(ケンブリッジについてはQ5&Q6)もあわせてご確認ください。

また、Aレベルの成績を用いて直接出願することを認める英語で行うプログラムを提供している大学もあります。Nisaiに通われる高校生は日本の学校にも通いながら塾感覚でAS & A-Levelコースを受講できるため、日本と海外2つの卒業資格(ダブルディプロマ)を得ることができ、大学の選択肢が世界にも一気に広がります。

海外の大学への入学

ケンブリッジインターナショナルのデータベースでも世界中の大学におけるケンブリッジインターナショナル資格の受入状況の詳細を知ることができるようになっています。

イギリス

ケンブリッジインターナショナルのAS&Aレベルは、英国の学生が受講するAS&Aレベルと同等であり、英国のAレベルと同じ方法で英国の大学への入学が認められています。ほとんどの大学において、入学するためには少なくとも3つのAレベルの資格を持っていることが条件となっています。さらに、受験をするためには、多くのコースで特定の科目における特定の成績が求められます。

アメリカ

すべてのアイビーリーグの大学を含む、アメリカ中の大学がケンブリッジの資格を持つ学生を歓迎しています。大学では一般的に入学のために最低限のASまたはAレベルが必要ですが、いくつかの大学は入学要件を満たすものとしてケンブリッジIGCSEを受け入れています。一部の教育機関および資格認定評価者は、グレードC以上のパスを持つ5つのケンブリッジIGCSE資格を、高校の卒業証書と同等であると見なすことがあります。

カナダ

カナダ全土の大学がケンブリッジの資格を持つ学生を歓迎しています。少なくとも4つのASレベルおよび/または少なくとも2つのAレベルの資格を持っている場合は、カナダの大学に申し込む資格があります。より競争力のあるコースでは、より高い成績で追加の資格が必要になる場合があります。大学は、入学要件を満たすためにCambridge IGCSEを受け入れることができます。また高等部の取得科目単位が大学の単位として認められることもあります。

シンガポール

シンガポールは、特にアジア太平洋地域の学生にとって、高等教育の重要な目的地であり続けています。ケンブリッジの資格はシンガポールで広く受け入れられています。

オーストラリア

オーストラリア中の大学はケンブリッジ学生からの入学を歓迎しています。ケンブリッジインターナショナルAレベルは、学部課程への直接入学で広く受け入れられています。

(図資料出典)「海外大学入試の基礎知識」

日本の大学と海外の大学の入試の違い

国内の大学は共通テストの得点(偏差値)と大学独自の試験で合否判定が行われるのが一般的です。

しかし海外大学は英語力・課外活動・エッセイ・学力(A- Levelなどの国際資格証明)・高校での成績を総合して審査し、合否判定が行われるのが大きな特徴となっています。

つまり、どんな高校生活を送り、どんな取り組みをしてきたかまで見られ「この人材は我が大学に入れても大丈夫か」という視点で審査されるということになります。
テスト結果に重点がおかれる国内大学受験とは大きく異なる点です。その分、自分という人間が試されます。

みなさんの選択肢は世界にも開かれています。より多くの選択肢を手に入れるためNisaiでの学びをご検討ください。卒業後は就職でもNisaiでの学びが大きな武器となることは間違いありません。

※Cambridge International AS & A Levels は毎年、125 か国の17 万5 千人の生徒によって受講されています。それぞれの学習プログラムはイギリスのカリキュラムに従い、海外大学に進むための準備をするように設計されています。(大学1回生の学習内容に相当)A- Level資格は国際的にもめられた資格で海外大学に進学するために必要な学力の証明となります。A- Level資格をもっていると海外大学の選択肢が増え、就職の際も大きな力を発揮するものとなっています。

FAQ

AS&A-Levelとは何ですか。

A-Level(Aレベル)プログラムは大学教育を受ける前の16 ~19 歳(高校生)を対象とした2年間のプログラムコースとなっており、ASLevel プログラムの修了には前半の1年間、A-Levelプラグラムの修了 にはASプログラムをあわせた計2 年間の受講が必要となります。Cambridge International AS&ALevels (Aレベル)は教育、大学、就職への成功のパスポートとして認識されています。Cambridge International Advanced Subsidiary Levels(ASLevels) と Cambridge International Advanced Levels(ALevels) は高等学校の2年間で受験する科目別の資格試験です。

A-Levelコースの特徴はこちら

A-Levelの学位資格は国内においてどのようなメリットがありますか。

国内においては文科省も制度上で大学受験資格として認めるとしています。国内においては資格を持っていることで優遇される大学はまだ少ないのが現状です。しかし英語の強みを活かした受験が可能になります。グローバルレベルの英語の強みを活かした受験が可能になり大きな武器となります。また英語学位への挑戦もできるようになります。しかしながら、日本を一歩出ると、国際にはケンブリッジインターナショナルのA-Level国際資格は世界中の大学や企業に高く評価され、グローバルなステージで成功するためのパスポートとなっています。

大学進学についての詳細はこちら

A-Levelの国際試験を受けるのに必要なことはありますか。

希望する大学進学に必要な学力を英語、英文学、数学、経済学、心理学から選択し、2年かけてカリキュラムを受講していきます。カリキュラム1年目のASLevel プログラムの修了時にAS国際試験を受け、2年目にあたるA-Levelプログラムの修了時にA-Level国際試験を受けます。

必須科目はありますか。

海外大学進学には少なくとも3科目履修して試験を受ける必要があります。またどの科目を取る必要があるかは行きたい大学や分野によって違います。それぞれの進みたい道に必要な情報を集めて必要な科目を履修していくことが求められます。
情報を自分で集めることから海外大学進学は開始していると言えます。
※詳しくは高校生コース「海外大学への入学」にあるケンブリッジの大学検索データベースをご活用ください。

海外大学の入学について(大学検索データベース)

A-Levelで高成績を取ると世界のトップ大学に入学できますか。

A-Level 国際試験で高成績を取ったからといって入学が約束されるものではありません。海外大学の入学審査では学力はもちろん、課外活動での実績、高校での成績、英語力、エッセイなど総合的な観点で審査し入学可否が決まります。日本の大学受験と大きく異なる点がここにあります。
つまり、どんな高校生活を送り、どんな取り組みをしてきたかまで見られ「この人財は我が大学に入れても大丈夫か」という視点で審査されるということになります。

大学進学についての詳細はこちら

本コース入学準備!短期英語力育成Boosterコース