ケーススタディ

ADHD・アスペルガー
NO IMAGE

エイミーさん

コース IGCSE

ジェイミーは2000年に生まれました。私たちがジェイミーと呼んだ美しい男の子です。ジェイミーは静かな子供でとても恥ずかしがり屋でした。彼は小学校が難しいと感じ、実際には先生と話をせず、数人の友達を作るだけでした。この間、彼は長いブロンドの髪を切ることを拒否し、学校のネットボールチームに加わり、ロールプレイやコンピューターゲームでは常に女性キャラクターでした。私は彼の小学校で働いていました。彼も私を無視していましたが、彼は有能な子供で、非常に早く本を読み、SATで非常に好成績でした。

15歳のとき、ジェイミーは彼が実際にはトランスジェンダーであると私に打ち明けました。それ以来、私は彼女をエイミー(女性の名前)で呼ぶようにしています。彼女はまた、ASDの特徴、不安を持っており、外に出ることはめったにありません。

私はエイミーをホームスクーリングにすることができたので、彼女は英語と数学のGCSEに合格しました。しかし彼女は学校に戻らなかったため、彼女が取ったのはこの2つだけでした。私たちはなんとか彼女にEHCPを取得し、2年間にわたって彼女を大学に進学させようとしました。彼女はとても頭のいい若い女性です。私は彼女に自分の可能性を信じ夢を実現してほしかったのです。

ニサイは彼女が夢や目標を実現することを手伝ってくれています。私はNVAの実践者としての仕事を通じてニサイについて知り、常に地方自治体に資金提供を求めなければなりませんでしたが、エイミーはなんとか科学と心理学を組み合わせたIGCSEを行うことができました。

ニサイが安全で理解のあるサポートネットワークを提供しているので、彼女は自分自身を整理することができ、勉強する意欲があります。ログオンが遅れたり、疲れすぎてログオンできないこともありますが、これは私たちに、はるかにとって大成功でした。

ADHD・アスペルガーの他のケーススタディはこちら