ブログ

発達障害のお子様向けオンラインインターナショナルスクール
  • インターナショナルスクール
  • 2022.4.13

発達障害のお子様の「得意」を伸ばすNisaiオンラインインターナショナルスクール

発達障害のお子様の教育環境でお悩みの方

発達障害

発達障害のお子様のご家庭では、特別支援学校や公立・私立校の支援学級などに通わせている方も多いと思います。一言に発達障害と言っても広汎性発達障害、自閉症、アスペルガー症候群などそれぞれの抱える状況も大変幅が広いのも事実。一斉授業になると理解が追いつかないが、個別だと集中して学習を進めることができる。同じ様な問題であっても、学習に遅れがある場合もあれば、同学年の子どもたちよりも既に先のことを学んでいてレベル感が合わないなど、それぞれの抱える理由はさまざまです。

公立・私立校では、他の生徒とは違う学習を違う部屋で先生と行う「抽出」「取り出し」などが一般的に行われています。専門の先生が生徒の個性に焦点を当てて学習を進め、理解を促すなど相手に合わせた教育ができるのが特別支援教育の特徴です。ある保護者の方が「子供には発達障害というクセがあるが、個性としていい方向に伸ばしてあげたい。」と語っていました。それぞれの個性に合わせて、教育を受けられる環境を創り出していくことが必要だと言えます。

Nisaiは、さまざまな個性やバックグラウンドを持った生徒様でも安心して受講してもらえる仕組みが整っています。完全オンラインの International Schoolとして今まで多様なお子さんの成長や保護者の子育てをサポートしてきました。その結果、2万人を超える卒業生が自分の可能性に自信をもち、自らの選択肢とした高校や大学へ進学をしています。

「個性」を伸ばすインターナショナルスクールは発達障害のお子様の「得意」を伸ばします。

発達障害のお子様の得意を伸ばす

Nisaiでは完全オンラインの教育を提供しています。ご家庭や提携機関などで「どこでも手軽にインターナショナルの教育を受講できる」のが大きな特徴です。1教室12人(最大でも15人)の少人数制で授業を行っています。少人数にこだわっている理由は、個別に焦点を当てるためです。また授業は全て録画されるため、生徒は好きな時間に授業を見直すこともできます。Nisaiの先生方もチャットや録画の記録、それぞれの生徒の課題の状況を見て個人の学習状況を把握していきます。また授業中にはこまめにアンケートを取り、それぞれの学習者の学びに合わせて授業展開や課題を設定しています。

また科目ごとに学習者の能力に合わせたクラス配置を行っていくのもNisaiの大きな特徴です。学習に遅れのある場合は年齢に関係なくその学習にあった教室で、年齢以上に学習が進んでいる場合は飛び級で上の学年の教室で学ぶことができます。学習者の状況に合わせたクラス配置で「得意」を伸ばしていきます。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)のお子様のインターナショナルスクール活用ポイント

ADHD(注意欠陥・多動性障害)のお子様のインターナショナルスクール活用ポイント

ADHDは注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害とも呼ばれ、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(思いつくと行動してしまう)といった症状が見られる障害です。特徴としては「しばしばしゃべりすぎる」など行動の抑制が効かないことが挙げられます。Nisaiはグローバルコミュニティを形成していますので、日本人だけでなく海外の学生と一緒に学びます。また海外学生は非常にコミュニケーションを取ることが好きなので、チャットでもどんどん発言をしてきます。実際にNisaiに通われるADHDのお子様もチャット機能が発言の場となり、どんどん利用してストレスなく授業に参加されています。言葉を出さなくてもチャットでコミュニケーションが取れるので、それぞれの状況に合わせたコミュニケーションが取れるようになっています。

ASD(自閉症スペクトラム障害)のお子様のインターナショナルスクール活用ポイント

ASD(自閉症スペクトラム障害)のお子様のインターナショナルスクール活用ポイント

 自閉症スペクトラム障害は、自閉症やアスペルガー症候群、広汎性発達障害です。ASDは興味関心のある子とはいくらでも集中して話すことができるという特徴があります。ADHDとASDは社会生活上で直面する問題も似ていますが、実はそれぞれの理由が違うのです。聴覚の過敏性はASD(自閉スペクトラム症)の人に多い特性です。Nisaiの授業ではヘッドホンを付けることができるため、周りの音を遮断することができ授業に集中することができます。また興味関心のあることはいくらでも集中できるため、年齢以上の知識を身に付けていることもしばしば。日本ではほとんど耳にすることのない飛び級制度。Nisaiでは飛び級制度があるため、その学習者に合わせたレベルで授業を受けることができます。本人の「得意」を伸ばしていく上で適したレベルで学習を進めていくことが重要だと言えます。

オンラインインターナショナルスクールNisaiは発達障害のお子様の状況に合わせたカリキュラムとコースを提案致します。

オンラインインターナショナルスクールNisaiは発達障害のお子様の状況に合わせたカリキュラムとコースを提案

イギリス発の完全オンラインのケンブリッジインターナショナルスクールNisai。

Nisaiは発達障害の生徒など、さまざまなバックグラウンドを持った子どもたちにも「最高の教育を提供していこう」とオンライン教育をスタートさせた歴史があります。Nisaiでは目的や興味に応じて科目ごとの選択ができるようになっています。

また授業システムは「顔が見えないシステム」を採用し、シンプルなつくりとなっているためASDやADHDの生徒さまも気を散らすことなく集中して取り組むことができます。どの生徒にも教育効果の高いインクルーシブ教育を推進しています。

学習者の能力、目的や興味に応じて科目を選択できる

Nisaiでは小学校(11歳)Lower Secondaryのカリキュラムから高校卒業(19歳)までのA-Levelカリキュラムを完全オンラインでプログラム受講することができます。

学習者は「英語力を維持したい」「IGCSEやA- Levelなどの国際資格・学位を取りたい」「海外留学をしたい」などさまざまな目的をもって通われています。学習者の目的や興味にあった科目を受講することができるのもNisaiの特徴です。

発達障害のどの生徒でも教育効果を実感できる授業システム

みなさんはZoomなどを使ったことがありますか?Nisaiの授業システムはAdobe Connectを使用して行います。

第一の特徴としては「顔が見えないシステムを採用している」という点です。オンライン教育は現実の授業よりも何倍も疲れてしまいます。また自分の顔や友だちの顔が見えることによって、そちらに意識が向き注意散漫となり学習効果が低下していきます。それ故に顔が見えないシステムを採用し、学習者が自身に合ったコミュニケーションツール(チャット、ホワイトボード機能など)を使いながら授業を受けていきます。

授業時間も30分に設定。ヘッドホンを使用することで周りの音も気にならなくなります。これはADHDやASDなどの生徒も集中して受講できるようにするためです。その結果、ケンブリッジが認めるほどの質の高い教育をどの生徒にも提供し続けています。Nisaiが設立当初から「どの生徒にも最高の教育を」とミッションを掲げオンライン教育を続けてきた経験とノウハウの結晶がここにあります。

現在Nisaiを活用して「得意」を伸ばす発達障害のお子様が世界中にたくさんいます。

2020年度には世界で2000人の生徒がNisaiに通っていました。また2021年度はイギリスとアジア生を合わせて3000人を超える生徒が毎日Nisaiで学んでいます。26年間の歴史のあるNisai。卒業した生徒の数は2万人を超えています。その中には発達障害や病気などさまざまなバックグラウンドを持った生徒が多くおられます。Nisaiに通う90%の生徒が何らかの背景や悩みをもっています。その生徒たちがNisaiで自身の未来を切り開き、進学を果たしていっています。それぞれの「得意」を伸ばすことのできるケンブリッジカリキュラムとNisaiの質の高い教育が組み合わさることで、お子様のもつ力が開花し、どんどん力をつけていくことができます。

ASDに起因する不安を克服して、毎日幸せな気持ちで生活できて学習に取り組めるようになったダニエルの事例

ダニエルのビデオ

ASDの生徒、Nisai Virtual Academy

Danielは、5年生のときにASDと診断され、学校に行くのが怖くなりました。彼は多くの不安を経験し、主流の学校や特別な学校ではうまくいきませんでした…

ダニエルは、5歳のときにASDと診断され、学校に行くのが怖くなってしまいました。彼は多くの不安を経験し、主流の学校や特別な学校には馴染めませんでした。Nisaiに入学してからは、学校に行かなければならないという不安がなくなり、とても幸せな気分になっています。ダニエルは現在、GCSEを受講していますが、彼の成功を願っています。

身体障害というハンディキャップを抱えながらも学習に取り組み、自分の可能性に向けて進んでいるロブの事例 

ロブの物語

ロッドネマリンミオパシーの学生

若手レジリエンス賞にノミネートされました。

ロバートさんは、非常に珍しい神経筋の遺伝病「ロッドネマリンミオパシー」を患っています。気管切開をして人工呼吸器をつけて呼吸をしています。そのため、24時間365日のケアが必要です。ロバートは片耳が聞こえませんが、これは人工呼吸器の継続的な騒音にさらされていることによる副作用でもあります。車椅子を操作するための1本の指以外は動かすことができませんが、誰かに指を置いてもらう必要があります。ロバートは脊椎の硬化症で片側に固定されています。また、非常に疲れやすく、感染症にかかる可能性が高いため、他の子供たちと一緒に行動することができません。

ロバートはとても賢く、キーステージ4の終わりには、読解力、綴り、処理能力において高い認知スコアを達成しました。趣味は、読書、スポーツ、コンピュータ、数学、科学、地理、料理、それに関連した実践的な活動など、多岐にわたります。ロバートは家族の協力を得ており、学校の活動にも協力してくれています。

過去2年間で、RobはNisaiでITQレベル2とICTレベル2を修了しました。

ヘレン(Robの家庭教師)からのコメントです。

ロブと家庭教師のヘレン

ロブさん

「月曜日の授賞式であなたにお会いできたことをとても嬉しく思っています。また、授賞式の後、バーバラ(ロブの母親)のところに行って、ロブがいかに特別な存在であるか、ロブが受賞できなかったことがいかに残念であるかを伝えてくれたことに、個人的に感謝したいと思います。このお言葉が彼女にとって大きな意味を持つことは承知しており、大変感謝しております。

バーバラもロブと同様に素晴らしい人物であり、家族全員が一丸となって、18年間に渡ってロブが必要としてきたすべての愛情とケアを注いできました。ロブは3歳の時に心停止を起こし、その状態では1年以上生きることはできないと言われていました。だからこそ、彼が自分の人生を精一杯生き、毎日を楽しんでいることは本当に素晴らしいことです。

もうひとつ、NISAIに出会えたこと、そしてこの2年間を素晴らしいチームと一緒に過ごせたことがどれほど素晴らしいことかをお伝えしたいと思います。何年も前にNISAIに出会っていれば、特にロブが中学生になる頃には、当時のサポートやリンクは、控えめに言っても非常に少なかったと思います。

しかし、私たちは今、NISAIの一員であることを幸運に思っていますが、NISAIのチームには何の問題もありません。彼らはとても協力的で、フレンドリーで、楽しくて、思いやりがあります。NISAIの一員であることは素晴らしいことであり、これからも何年もNISAIの一員であり続けたいと思います。

カリーナは、ロブに対して様々な面で素晴らしく、幻想的でした。私たちは、彼女がロブを賞に推薦してくれたことを決して忘れません。ロブが言ったように、「重要なのは受賞することではなく、参加することなのです」。

また、ロブのために用意してくださった50ポンドの寄付にも感謝しています。金曜日は彼の18歳の誕生日であり、彼にとってかなり画期的なことなので、彼は喜んで受け取ることでしょう。金曜は彼の18歳の誕生日です。

この素晴らしい旅のどこかで、またお会いできることを願っています」。

ASD & ADHDで今まで他の環境ではうまくいかなかった課題を解決できて生活も学習も順調のルーカルの事例

ルーカスの物語 – 親の証言

ASD & ADHD, ニサイハウスの生徒

“ニサイではとてもうまくいっていると思いますし、ルーカスは本当に幸せです。

「彼のASDとADHDのニーズが満たされていると感じています。落ち着いた環境での30分のレッスンは完璧です。また、気が散るような音を遮断するためにヘッドフォンをつけられるのも助かります。

「また、ヘッドフォンで気が散るような音を遮断できるのも助かります。総じて、ニサイハウスでの生活が順調に進んでいることにとても満足しています。彼が幸せであることが一番の理由であり、母親として彼に望むことはそれだけです」。

ルーカス

Nisaiのカリキュラムについて

Nisaiではケンブリッジインターナショナルが定めるカリキュラムに沿って授業を提供しています。一番下は11歳のコースから上は大学へ進学する前のA- Levelカリキュラムまでを実施しています。その生徒の状況に合わせて最適な受講コースを提案しています。A- Levelカリキュラムを受講して国際資格を取ると日本国内の大学も受験が認められます。

ケンブリッジプログラムの流れ

Nisaiでは先ず担当者がヒアリングを行い、学習者の抱える悩みや目的を把握します。その後、アセスメントテストを受講して学習者の能力のベースラインを測定します。それを基に最適なプランを提案し、受講へとつなげていくプロセスをふむため納得してカリキュラムを受講していただけます。日本語での対応も行っているので安心してご相談ください。

Nisaiのプログラムの流れ

オンライン無料体験学習を是非ご受講ください。

Nisaiでは無料体験学習を行っています。実際にNisaiのクラスルームを使ってコミュニケーションを取ったり、授業の様子も見ることができます。どの方でも安心してオンライン教育を体験していただけます。英語や勉強が苦手な方もお気軽にご相談ください。勉強法の指導やアドバイスを行うTutorサポートやプログラムも充実しています。Nisai Japanのメンバーが学習者様の状況や要望に応じて最適なコースをご提案いたします。

オンライン無料体験学習の詳細はこちら

関連記事